2011年2月27日日曜日

彼の地で


夢を見た。
イランにバムという遺跡で有名な街があって、泥土を固めてできた城塞みたいなのが残ってる。もう10年近く前にそこを訪れたことがある。
そんな土でできた城かなんかの中で地震が起こって、ドーット全部が崩れて、灰色の土の中でなんとか生きている自分を見ている、そんな夢だった。

もしかしたらここのところ起きたNZでの地震をニュースでよく観ていたせいかもしれない。

バムも5〜6年くらい前に地震があり、多くの被害があったらしい。
そのとき私はロンドンの安ホテルのTVを眺めていた。偶然にも、お世話になったバムの宿の主人が被災者としてインタビューされているのが映し出されてすごく驚いたことを覚えている。

あのとき私がそこにいたら

少し前にベトナムの景勝地で観光船が沈没し、日本人の二十歳の学生が亡くなったと新聞で読んだ。

その時も、胸が痛んだ。

今、日本を出て、海外を見る若者が減っているという。
経済状況とか世の中の内向きな流れ、インターネットの普及で、実物を見なくともなんとなく色んな情報で分かったようなかんじになるせいもあるんだと思う。
でもそんな中、身体動かしてお金払って自分の目で世界を見に行こうとした若者が、不慮の事故で命を落とす。
なんて悲しいのだ。

でも10年前に比べて、娘を持った今の自分はそんなに簡単に誰でも一人で日本を飛び出せとは思わない。でもできることなら一度はトライしてほしい。最低限の安全が保障されているならどこでもいいから、自分の心のおもむくままに、できるだけ安い方法で。

あー、旅がしたい

働く男


このところやたら暖かいと思ったらまた寒い日が来たり、でもだんだん春が近づいているのを感じる。
平日に散歩とか買い物とかに行ってサホをいかに疲れさせるかに腐心している私だが、この二日連続して、公園や出先で、あ〜この人知ってる!という男性2人をみかけた。
どちらもお父さんで、佐保と同じくらいのお子さんと奥さんの三人でのんびり休日を満喫している風。
一人は以前私の通っていた歯医者さんの先生、あと一人は結婚式をあげたホテルのホテルマンさん。
歯医者さんはすごく治療が丁寧で親知らずも全然痛くなく抜いてくれて、
ホテルマンさんは姿勢良くびしっと黒の制服に身を包んだ姿がきまっていて、
向こうは絶対私の事は覚えていないでしょうが、私は二人のことがすぐに分かった。
でも,,,
お父さんしてる時の姿って、仕事中のお二人を100としたら、20か30くらいのオーラ。

何も知らずにお世話になっていた際には、
この人独身かな〜、見た目は地味だけどなんかプロフェッショナル!ってかんじでかっこいいなあ。。。結婚相談所で紹介されたら結婚しなくもないかなあ(勝手に)
とかいらんことを想像していただけに、
彼らのオン/オフの落差に少なからずショックを受けたのだった。

しかし、
自分はどーなのだと言いたいね。
女だからニート妻に甘んじていられるけど、その姿、輝いているかといわれるとちょっと〜...
彼らはすごい
当たり前のように妻子を養い(共働きかもしれんけど)あんなに真剣に仕事に向き合い、そして休日は家族に奉仕。。。
私にこんなことを言われる筋合いはないよな〜

そう思うとなんかうちの旦那さんもとってもかっこよく思えてくるのでありました。
たとえ家でパンツ履いてなくても。
男はエラいよ!

2010年8月16日月曜日

個展ふりかえり





おかげさまで無事に千年一日での個展、終了しました
搬出後の夜はばたばたと過ぎ、家事を終えてサホも寝てくれて、
暗い部屋でたくさんのお客さんからのひとことが書かれた記帳を眺めて、
一人しみじみと会期を振り返りました
サホもだんなさんもワタシの予定に振り回されっぱなしですんごく疲れただろうなと思います
いっぱい迷惑かけてごめんなさいよー

でも個展終了はげにまっことさみしいかんじがするぜよ。。。
また次をめざしていかんとね

今回の作品は人の生死と花をテーマにした作品だったのですが、
コメントの中で、「”花”と”死”って漢字が似てますね」と
書いてくださっている人がいて、確かにと思いました

今、注文いただいた作品を再プリントしているのですが、
次はどうしよう…と先のことばかり考えてしまいます

さいきん生け花の教室を初体験したこともあって
以前よりも草花を観察するようになりました
次は今回とはまた違った”花”かもしれません

2010年7月13日火曜日

my sweet silent journey



はじまりました!
千年一日珈琲焙煎所にて、8月10日までです。

この2ヶ月ほど休み無く私を支えてくれた夫に感謝です。
がんばったのにこのくらいか、と思う気持ちと、この時期によくできたな〜というのと半々。
子連れ新宿ラボツアーなど、トライしてみてよかったと思うこともあり、
乳飲み子がいるからといって色々出来ないと決めつけなくてもいいんだと、
少し自信がつきました。

でも作品はまだまだです。今回初めて額装をオーダーしてみたけど、見せ方って難しいと改めて思いました。

いっぱい心配と迷惑をかけた大坪さん、ごめんなさい。感謝してもしきれない。

家の中はぐちゃぐちゃですが、そのまんまで、旅支度。
明日から2週間、土佐の里山生活に入ります。
気がつけば八月だった、ということになりそうです。

2010年5月19日水曜日

人生は歓喜の歌に向かって

ジョイ本からの帰り道、最近多いのだけどモラちゃんが車の中で超高音域で泣きまくる
全然泣き止まないので、語りかける私(以下演説)

”モラちゃん、人生ではね、もっともっと悲しいこといっぱいあるんだよ!
今お腹空いてるんかもしれない、おむつが気持ち悪いんかもしれん、
でもあと5分待って、5分待ったら絶対家に着くから!
モラちゃんの人生は長いんだよ〜!
例えるならね、交響曲でゆったら、えーと...(ベートーベンの場合を考える)
交響曲第九番まであって一つがだいたい第四楽章までだから〜、
えーと人生80年として...(アホなので計算が遅い)
半年しか経ってないあなたはまだ第一楽章の半分の半分、でもあとこれを144回繰り返すと終わりなんだよ!え、意外とあっという間やな...私なんてもう第四番くらいじゃないの?”

と一人で喋ってるんだから変な人です
帰ってお乳をあげながら読んだ本にたまたまこういうことが書いてありました

”多くの現代人の生活はオーケストラの交響曲に似ている。それぞれは雑然とした音を出すパートである。指揮者がそれをまとめ不調和なものを調和させるからこそ、そこに独特な美しさが生まれる。
雑然とした現代をひたすら悪いときめてしまうことは当を得ない。いまのところ、まだ、ソロの独奏しか知らない人間が多くて、指揮者のいないオーケストラのようになりがちなために問題がおこる。
よく、落ちついてじっくり勉強したい、という述懐を耳にする。ソロの世界をあこがれ現実を逃避しようとしているのであろう。雑然とした多様の中においても、コンダクターがしっかりしていれば、すばらしい創造が可能である。
人生を芸術にするーーーこれぞ最高の知的生活である。”
外山滋比古「ライフワークの思想」


写真もまた、全ての瞬間を見せればよいのではなく、何をどう見せるかという取捨選択の妙が指揮者の仕事に似ていると思う。比類なき孤高の演奏者にもあこがれるけど、自分自信が己の人生の指揮者になったとき(つまりは色んな面でコントロールができるということかな?)最高に人生が面白く転がっていくんじゃないだろうか。

赤ちゃんが自分でトイレに行けるようになり、やがてお乳より美味しいものを知るように...?

2010年5月18日火曜日

a-n眠いよ

7月に千年一日珈琲焙煎所という、とてもすてきなお店で個展をやらせていただけることになりました!

で、毎日、モラちゃんが寝入った後ごそごそと活動をしているわけです
現像液は温まるとすごく臭いので、これを吸って母乳に影響しないかちょっとドキドキしてます

テーマは鯛、じゃないよ!旅です、バカか私は。。。
放浪の人生を夢見ていたはずが気付けば10年特例が使えるくらい天久保居住が長いみたいでび、びっくり
もう一児の母でミソジ寸前だというに未だ学生気分が抜けないのは住人の8割が学生なんじゃないかという居住エリアのおかげだな、きっと
朝まで起きててガンガン音楽かけようが暗室のコンプレッサーがブヒブヒ言おうが文句ひとつ言わない近隣の学生さん、ごめんね
おねーさんは君たちをみていると恥ずかしいレンアイや全然勉強しなかったことや、やたら時間が有り余っていたのにいつも眠かったことなどを思い出してひとりため息ついてしまいます

そして今もあの頃も同じ場所にいてやっぱり写真をやっている私、なんて幸せな人生なんだろうね
ちょっと思い描いていたのとは違う生き方だったけど
放浪はいつでもできるさ

ああ、泣いてる〜〜、、、

2010年4月26日月曜日

パルファン、カムバーック!!!!


私たちの大好きなつくばのレストラン、パルファンが閉店という衝撃の事実を知ったのは1ヶ月ほど前のこと。。。かつ雅といい、ここといい、私の里帰り中に無くなってしまってるなんて悲しすぎる。最後にワタリガニのパスタ食べたかったよ〜!!!!
子どもが生まれたらなかなか食べに行けなくなるけど、結婚一周年には一緒に行きたいねって話してたのに。
そんな悲嘆の中、パルファンのマスターが某所で働いているという情報をゲット!そこでパルファンのメニューが食べられるというではないか!ネットサーフィンも捨てたもんじゃないね!

というわけで先日の昼下がり、モケロンと私は焼き鳥大学に赴いたのでした〜

が、そこの入り口で会ったオーナーさんから、マスターは2月で辞められたとの事実を知りました。体調のせいとは伺っていましたが、心配です。本当に残念で仕方が無い。

マスターが残していったワタリガニのスパゲティをいただき、お店を後にしました。つくばに10年住んでて初めて入ったんですが、サウナ大学けっこういいとこでないか?!表のネオンが怪しすぎて入る気になれなかったんだけど、今度お風呂も行ってみようかしら。

パルファンのマスターさん、素晴らしい腕をまた活かせる日が来ることを切に願っております!新しいお店も、ぜひまたパルファンで。絶対行きますから。